●入居者インタビュー:バウハウス高円寺 編

インタビュー
インタビュー風景

+ インタビュー対象者プロフィール

  • キムさん(22) .. 韓国の大学生。短期留学して日本語学校へ通学中。入居後3ヶ月。

@ まず、日本にいらした理由を教えて頂けますか?

キムさん: 韓国でデザイン系の大学に通っているのですが、去年の9月に第二外国語で日本語を履修し、日本語が面白くなりました。また、韓国のユニクロでバイトをしていて、一緒に働いていた日本人と仲良くなり、日本に行きたいと思うようになりました。今年(2007)の7月に日本に初めて来て、最初は3ヶ月の滞在予定でしたが、予定を変更して今年中は日本にいるつもりです。

@ シェア住居以外に普通の賃貸物件は探しましたか?

キムさん: 外国人は日本で家を探すのは大変なので、来日して最初はマンスリーマンションに住んでいました。ただ、一人で住むのは寂しいし、日本語がうまくなるかと思い、シェア住居に住もうと思いました。

@ シェア住居はどのようにして探しましたか?

キムさん: インターネットでシェア住居を探して、ひつじ不動産に掲載されていたバウハウス高円寺が気に入って入居しました。

インタビュー風景

@ 具体的にどのようなところが気にいりましたか?

キムさん: 建物の雰囲気ですね。建物自体は古いけれど、キッチンや洗面は綺麗でおしゃれなところです。

@ 日本の古い建物についてどう思いますか?

キムさん: 韓国の古い家は石造が多いし、最近は韓国でも古い家が少なくて特に都市部はマンションが多いので、新鮮です。

@ このシェア住居の良いところは?

キムさん: 入居者みんなの仲が良いところですね。テラスでみんな飲んだりバーベキューしたりして楽しんでいます。シェア住居のそういうところが好きです。

テラス

@ このシェア住居の不便なところは?

キムさん: 建物が古いので、すきま風が少し寒いぐらいですね。部屋には隙間用のテープを貼っています。

@ シェア住居生活は楽しいですか?

キムさん: とても楽しいです!

なかのひと